難易度の高いエリアは何度も潜ってチャレンジ



宮古島のダイビングスポットには、中級者や上級者向けの難易度が高いエリアも多く存在しています。そういった高難易度のエリアを1回で全て見て回るのは難しいですから、何度も潜ってチャレンジするといいでしょう。

難易度が高いとエアを消費しやすい

難易度が高いダイビングスポットというのは、地形が複雑だったり足を付く場所がほとんどなかったりします。そのため、慣れるまではどうしてもエアを消費しやすいので、途中で引き上げなければいけないケースも多いのです。何度か潜ることで、スムーズに移動できるようになり、またエアの残圧も計算しながら潜れるようになるのです。

絶景スポットは短時間しか留まれないことが多い

基本的にダイビングの絶景スポットは、最深部にあることが多いです。ただ、そこまでたどり着くまでにエアの方もかなり消費しているでしょうし、もちろん帰りの分も計算に入れておかなければいけません。

したがって、絶景スポットは短時間しか留まれないことが多いですから、楽しめる時間が限られているわけです。だからこそ、何度も潜ることによって、前回とはまた違う景色を楽しむことができますし、本当の意味で絶景を満喫できるのです。

1回でも経験しておけば次からは純粋に楽しめる

どうしても1回目というのは、分からないことや不安もあったりするので、慣れていなければ潜って移動するだけで精一杯というケースもあります。しかし1回でも経験をしておくことで、次からは純粋にダイビングを楽しむことができるでしょうし、前回では見られなかった景色や生物もじっくりと眺められるようになるのです。

宮古島なら夏以外のシーズンでも気軽に潜ることができるので、時間に余裕があれば積極的に再チャレンジしてみるといいでしょう。

関連する記事