どの時期でもダイビングできるのが魅力



宮古島ダイビングの大きな魅力とも言えるのが、どの時期でも潜ることができるという点です。海水が1年中温かいこともあって、夏だけでなく秋や春、さらには冬でも楽しむことができるので、ダイビング好きの人には理想的な環境と言えるわけです。

宮古島は沖縄よりもさらに暖かい

沖縄は本州に比べて平均気温が高く、冬でも暖かいというのは誰もが知っていることです。しかし宮古島では、その沖縄よりもさらに暖かいことから、冬でもあまり寒さを感じることなくダイビングを楽しめるのです。

もちろん、やろうと思えば他の地域でも冬にダイビングを行うことは可能です。ただ、寒さの苦手な人だったり、風邪をひきやすい人にとっては、やはり宮古島で潜ることがオススメなのです。

自分の都合に合わせて訪問できる

ダイビングができる時期が限られていると、どうしても仕事などの都合で訪れるのが難しいという人も多いでしょう。その点宮古島であれば、いつでも潜ることができるわけですから、自分の都合に合わせて訪問できるのです。秋や冬でないと休暇を取れないという人でも、問題なくダイビングを楽しめるわけです。

時期によってまた違う光景が楽しめる

何より、夏と冬とでは海底の景色や眺めも全く違いますし、見られる生物も季節ごとに異なるわけです。なので、普段とは違う時期にダイビングをすることによって、今までにない経験ができるかもしれないのです。

季節に適したダイビングスポットを選ぼう

宮古島のダイビングスポットは、風向きの関係で適した季節というのが異なります。例えば、魔王の宮殿などの有名スポットが集まるエリアは、秋や冬の方が潜れる可能性が高いので、それを踏まえた上で選ぶようにしましょう。

関連する記事